monologue

2005年12月
恐るべし大韓民国6  (2005.12.16[Fri])

おーっす!寒い日が続くねっ。韓国の友達からメールが来て、なんとソウルの最低気温はマイナス15度だそうです。こんくらいで寒いなんて言ってらんないねっ。
さーてっ、今年も残り少なくなってきたけど、まだまだいきますよーっ。んだばっ!
ついでなんで、スタジオの中も見学した。
階段を下りていくと、受付らしいものは何もなく、ソファーが一つ置いてあり、ごく普通の普通のおばちゃん(なんなら、ちびまる子ちゃんのお母さん!)、がテレビで昼メロを見ていた。他に人影は見当たらない所から、どうやら、おばちゃんがスタジオの人らしい。
中を見せて欲しい、と言うと、快く応じてくれた。
中は、ほとんど日本のと変わらないが、ドラムセットが、やたらと充実していて、他の楽器と、明らかにバランスが取れていない。
その事を、おばちゃんに聞いてみたら、おばちゃんには、ドラマーの息子がいて、韓国では有名な歌手のバックバンドをやってるらしく、ドラムセットは、その息子が選んだんだそうだ。
本当に、白黒はっきりしている国民だなあ。
スタジオを後にし、途中、王朝時代の宮殿を見たりしながら、チョンノって所に出た。そこには公園があり、なぜか、おじいちゃんばっかりいる。
東京でも、巣鴨とか行けば、お年寄りばっかりだが、おじいちゃんとおばあちゃんのバランスは取れている。しかし、ここは、本当におじいちゃんしかいない。
分かりやすくは、混んでる日の、ディズニーランドのお客さんが、全部おじいちゃん、ってな感じをイメージしてみてくれるといいと思う。
しかも、平日の昼間。聞く所によると、毎日、いつ来てもこんな感じらしい。
さすがの韓国通の友達も、なぜこの公園に、おじいちゃんを惹き付けるパワーがあるかは、知らないらしい。謎は深まる!
次にインサドンっていう商店街を通った。
そこにはスターバックスがあり、本当はスタバの看板の文字は、世界中どこでも英語なんだが、ここのはなぜかハングル語。あまりに歴史ある通りなんで、スタバの本社にたのんで、別料金を払ってかどうかは知らないが、特別にハングルを許可してもらったらしい。
もう一つ面白い物を見つけた、屋台で売ってる、日本人から見ると、どう見ても、たいやきにしか見えないんだけど、韓国では、ふなやきっていうんだって!味は日本のたいやきほど甘くない!厳密に言うと、見た目はちょっとだけ、ふなの方がスマートかな?だけど、何で、、、、鮒?鯛の方がおいしいんじゃないのかな?
まさに恐るべし!大*韓*民*国!!
           つづく
次回をおたもしにみ!(間違い過ぎ)
      画像はハングル語の看板のスターバックス

BGM=『DREAM CLOCK』 WEATHER REPORT


恐るべし大韓民国5  (2005.12.8[Thu])

どーもっす!寒いと空気が透き通っていて、遠くまでよく見えるねっ。そうそう、家から無理すれば富士山が見えるのよっ、すんごく奇麗、いやっ、美しい、って表現の方が近いかなっ?単独峰としては、たしか、世界最高峰だったって記憶してるんだけど、違ったらごめん!
話は変わって、本日、12月8日はジョン レノンの命日です、少し上の世代だと太平洋戦争開戦の日、その世代のアメリカ人なら、リメンバー パールハーバー、って感じかなっ。
さてさて、年内に、進めるとこまでガンガン行くゼッ!ん〜でわっ!
次の日、ソウルの中心地までは地下鉄で2駅ほどなんで、散歩がてら歩いて行ってみた。途中、なにやらリハーサルスタジオらしき所を発見!正面にいたギターケースをかかえた女1人、男2人の若者バンドさんに話しかけたところ、やっぱりリハスタでした。
韓国のバンド人口は日本と比べると、大変少なく、その理由の一つは、今をときめく超売れっ子の韓国人バンドがいない事があげられる。いわゆるメジャーデビューしているバンドはあるんだけど、日本で言う所の、東京ドームを何日も一杯にしてしまうような、バンドっていう形態をとった国民的グループは、今までもいなかったらしい。なもんで、韓国のアマチュアバンドの人達は、日本やアメリカのバンドをコピーしてるそうです、ちなみに、このバンドさんはLUNA SEAやジュディマリの曲をやってるそうです。
そんなやりとりをしているうちに、友達がなにやら僕の事をハングル語で説明し始めると、バンドさん達は『お〜〜っ!』ってな歓声を上げ、急に態度が変わった。
すると、握手だの、サインくれだの、一緒に写メ撮ってくれだの始まった。
『お前、いったい何を言ったんだ?』
友達曰く、韓国では初対面の人達に、やたらと自慢話をするらしく、別に、いやらしい優越感だとかそうゆうんじゃあなく、どこそこの誰々(有名人や偉い人)は知り合いだとか、そうゆう話の中で接点を見つけるらしい。
友達は、この人は日本の芸能人で、あのガンダムのテーマ曲をやってたグループのギタリストだ、ってな事を言ったそうだ。
たしかに、前にやってたバンドの曲がガンダムのテーマだった事はあるが、セールス的に、あまりパッとせず、日本ではそれほど知られていないんで、何となく気が引ける。
『別に、本当の事だろ?いいじゃんかよ!』ってな友達に押し切られ、その場では日本の有名人って事になった。
ガンダムは韓国でも凄く人気があって、バンドさんのうちの1人が、かなり詳しく、なんと、バンド名こそ知らなかったが、曲は知っていた!!
その時、当時、僕らがレコーディングをしていたスタジオに、大勢の付き人を伴って現れた、ガンダムの生みの親、アニメ界のカリスマ、富野監督のスキンヘッドで微笑んでる顔が頭をよぎった。
この後、ソウルの行く先々でサインや、一緒に写メを録る、などをすることになってしまい、プライベートで出歩いてて、これほどサインしたのは、僕の芸能人生初、ってくらいな事態になってしまう。
なんとも、恐るべし!ジャパニーズアニメ!ガンダム!
                つづく。
次回、さらにソウルの中心地へ、お楽しみに!!
(ってお〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜いっ!!
2日目、家出てから、1時間もたってねーだろっ!!もう師走だぞ〜〜っ!分かってんのか〜〜〜〜〜っ!!)
画像はデハンノにあるリハーサルスタジオ、電話番号が一文字づつ表記されてる。そうでない看板もあって、まあ、一種の流行なのか?真相は不明。

BGM=『CONTINUUM』JACO PASTORIUS


恐るべし大韓民国4  (2005.12.1[Thu])

どーもっす。ご無沙汰です。ここんとこいろいろと忙しくって、ついつい先送りにしちゃってました。
こないだねっ、名古屋行った帰りに東名高速走ってたらね、ちょうど富士川の手前あたりかなあ?山いちめんミカンの樹でさっ、ちょうど夕方だったから、夕焼けの色と、紅葉の色と、ミカンの色がまったく同じで、どれがどれだかわかんないくらいだった。なんとなくミカンがなんであんな色してんのかわかる気がした。
さてさて、もうすっかり昔の出来事のようだけど、がんばって行こう!!
いざっ。
トンデムンに着くと、そこは夜中だっつ〜のに、人でごったがえしてた。
ミリオレっていう、東京で言ったら、原宿ラフォーレか、渋谷109みたいなファッションビルがあって、その前といい、中といい、おかまいなしに人だらけだった。しかも、若い奴ばっか。
やはり、トンデムンは眠ってなかった。
友達が言うには、夜12時過ぎから、3時くらいまでが、一番盛り上がってるらしい。
ひと通り見て、今度は通りの反対側、野球場の前にズラ〜っと並んでる、露店を見てまわった。
そこには韓国名物、偽ブランド屋さんが何軒もある。だって新品のアディダスのジャージが500円で売ってたら、誰だって、偽物って、思うじゃん!そんなのおかまいなしって感じ。その理由をすぐに知る事になる。
通りを歩くと、みんな、こっちが日本人ってわかるらしく、あやしい日本語で
『ニセモノあるよ〜、ニセモノ〜』って声をかけて来る。そしてとうとう、とんでもない言葉を聞いてしまう!
『ホント〜のニセモノあるよ〜』
はあ〜????????(まちゃまちゃの感じで)
今の発言を吟味してみると、偽物の中にも、本物と偽物が存在するって事!?
なんだかよくわかんないけど、要するに、どんだけ凄い偽物かを、客引きが、競い合うくらい、堂々と偽物屋さんなわけよ。
いや〜っ、そんでもって、おおよそ予想のつくお店がいろいろあったけど、一軒だけ、ひっくり返りそうな物売ってる露店があって。なんと!
小犬うってんの!!
犬の屋台って、この脳で想い描いたことなかったもん。
なんか、ダンボールの中に、小犬がいっぱいいて、キャンキャン鳴いてんのよ、そんで、お客さんとかが、ダッコしたりしてんの。いや〜っ、韓国も日本みたいに、子供の出生率は下がる一方、ペットの数はうなぎ登りってな、ペットブームなのかなあ?
そんなこんなしてるうちに、午前3時。
お家に戻って、やっとこさ1日目が終わりました。おやすみ〜っ。ふとんの中で今日一日を思い返す、浮かんでくるのは、まさに、恐るべし!大*韓*民*国!
                つづく。

次回はソウルの中心街にでもいってにましょう(どうしても間違えないと気が済まないの?)!
画像は例の、甘いトマトジュース。

BGM=『忘れないでね』YUMING


Powered by HL-imgdiary Ver.3.00